2022/4/28 5月の珈琲「 ペルー サン・フェルミン農園 」を更新しました。
2022/3/30 4月の珈琲「 ブラジル トミオ・フクダ マラゴジッペ 」を更新しました。
2022/2/28 3月の珈琲「 ガァテマラ アンティグア ウナプ ブルボン 」を更新しました。
2022/1/31 2月の珈琲「 スペシャルマンデリン 」を更新しました。
2022/1/4 1月の珈琲「 ホンジュラス ヌエバ・ルス農園 」を更新しました。
2021/11/30 12月の珈琲「 パナマ エスメラルダ ゲイシャ1500 」を更新しました。
2021/10/29 11月の珈琲「 ケニア ギキリマ 」を更新しました。
2021/9/30 10月の珈琲「 コスタリカ ドン・オスカル農園 」を更新しました。
2021/8/30 9月の珈琲「 コロンビア ナリーニョ 」を更新しました。
2021/7/30 8月の珈琲「 ホンジュラス ラティナ農園 」を更新しました。
2021/6/30 7月の珈琲「 ブラジル アルタグラシア 」を更新しました。
2021/5/31 6月の珈琲「 コスタリカ オルティス2000 」を更新しました。
2021/4/28 5月の珈琲「 グァテマラ コンセプシオン ブエナビスタ 」を更新しました。
2021/3/27 4月の珈琲「 インドネシア マンデリン クラシックブルボン 」を更新しました。
2021/2/25 3月の珈琲「 コロンビア サントゥアリオ フルボン 」を更新しました。
2021/1/29 2月の珈琲「 ルワンダ シンビCWS 」を更新しました。
2020/12/30 1月の珈琲「 コスタリカ ケブラダ・グランデ農園 」を更新しました。
2020/11/30 12月の珈琲「 パナマ エスメラルダ農園 ゲイシャ 」を更新しました。
2020/10/28 11月の珈琲「 インドネシア リントン ビートル 」を更新しました。
2020/9/25 10月の珈琲「 ケニア カリィファクトリー 」を更新しました。
2020/8/27 9月の珈琲「 グァテマラ ゲイシャ 」を更新しました。
2020/7/31 8月の珈琲「 ブラジル シッチョ ラゴアⅡ 」を更新しました。
2020/6/30 7月の珈琲「 ペルー モンテ・レイ農園 」を更新しました。
2020/5/28 6月の珈琲「 ブルンジ ンゴゴモ 」を更新しました。
2020/4/28 5月の珈琲「 メキシコ エル・ボルド農園 」を更新しました。
2020/4/1 4月の珈琲「 グァテマラ サンタイレーネ農園 」を更新しました。
2020/2/28 3月の珈琲「 コスタリカ ドニャ・ニナ 」を更新しました。
2020/1/30 2月の珈琲「 ホンジュラス ミラ・ヴァジェ 」を更新しました。
2019/12/29 1月の珈琲「 エルサルバドル ラス・ヴェンタナス 」を更新しました。
2019/11/29 12月の珈琲「 コロンビア ブエナ・ビスタ 」を更新しました。
2019/11/1 11月の珈琲「 ジャマイカ 」を更新しました。
2019/10/01 10月の珈琲「 ブラジル オウロヴェルデ農園 」を更新しました。
2019/8/30 9月の珈琲「 ブラジル フォルタレーザ 」を更新しました。
2019/7/31 8月の珈琲「 ペルー エル・セロ 」を更新しました。
2019/6/28 7月の珈琲「 コロンビア アルト・デ・ラ・コリナ 」を更新しました。
2019/5/30 6月の珈琲「 ブルンジ グウィリ ウォッシングステーション 」を更新しました。
2019/4/26 5月の珈琲「 ルワンダ ムゲヨ CWS 」を更新しました。




蘭館珈琲をお試し下さい!!~試飲のお知らせ

まだ、一度も蘭館の珈琲を飲まれたことのない方へお知らせです。
ブレンドのセット(ご試飲)をお届けします。
当社自慢のベスト・CITY・フレンチをそれぞれ30gずつ(各コーヒーカップ約2杯分)をお送りします。
ぜひ蘭館の珈琲をお楽しみ下さい。

試飲をご希望の方は下記より下記のいずれかよりお申し込みください。

フリーダイヤル 0120-45-5071
E-Mail info@rankancoffee.co.jp

お名前、ご住所、お電話番号、メールアドレスをお知らせください。
なお、蘭館の珈琲を一度もご注文されていない方に限ります。
ご連絡をお待ちしています。

㈱蘭館 通信販売 担当 原







 ペルー
 サン・フェルミン農園
ペルーのコーヒーについて

 南米に位置するペルーは日系人の多い国で、マチュピチュやナスカの地上絵などの観光地として日本でも有名です。アルパカの生まれ故郷としても親しまれています。
 2017年からのカップオブエクセレンス開催をきっかけにペルー産スペシャルティコーヒーの品質の高さが世界中に知れ渡り、現在では生産者もスペシャルティコーヒーの生産への熱意が高まっています。
 ペルーのコーヒーはその多くが小規模な農家の手によって行われています。標高5000メートル級の山々が連なるアンデス山脈の山間部や渓谷地域の小規模農家によってつくられたコーヒーの中から素晴らしい風味を持ったものが次々と発見されています。

サン・フェルミン農園

 生産地域は、ペルー最南端のプーノ県、イナンバリ渓谷。COE前身の国内品評会では何度も優勝農園を輩出した有望な生産エリアで、弊社は2014年からこのエリアの小規模生産者のコーヒーを買い付けてきました。
 農園主のRoberto Ochochoque Condori氏はケチュア族です。今まで25年間、兄弟でコーヒー栽培に携わってきました。持続可能な農業を実践し、その地域に生息する草花や動物、水資源、土地を大切にしています。
 栽培品種は在来種のブルボン・ティピカ。チェリーの収穫はセレクティブピッキング、手動の果肉除去機で果肉除去、木製の船(槽)を使って発酵や洗浄を行っています。乾燥や保管も丁寧に行っています。事実、高品質なカップクオリティーを認められ、今回、日本に入荷しました。

 ペルー サン・フェルミン農園
 200g \1,600  


コーヒーの豆知識

画像クリックで他の豆知識もどうぞ